にちじょうけい

作ったり育てたり片付けたり

さまざまな花金

「花金」とよばれる時間帯にニュー新橋ビルにいた。

雑でいかがわしい、昭和〜バブル崩壊の時代の雰囲気だった。

独特の匂いのするゲーセンでサラリーマンがひとり黙々と

ワンピースのキャラのフィギュアのクレーンキャッチャーに

何千円かつぎ込んで取れなくて、腑に落ちない顔で去っていった。

そんな感じで他の台も、みんな黙々とやっていた。

 

昔働いていた現場のおねえさんたちと飲んできた。

時々きつくて愚痴ったり体調崩してもやっぱり好きな職場だった

ということを、(女子会なのに)仕事の話をしていて改めて思った。

そう考えると自分がSIerを辞めた理由は、

自分で《職場》を選べないことが一番大きかったのかもしれない。